:not(s)(否定疑似クラス)を使ったサンプル

CSSHTMLで表現可能と考えられるデザインの大部分を実現できる要素を取り入れつつ、新たなデザイン機能を備える。Wikipediaより